BLOG ブログ

遺産分割協議書とは? 必ず作成しなければいけないの?

千代田区相続相談センターのコラムへお立ち寄りいただきありがとうございます。

本日は遺産分割協議書についてご説明します。

一般の方には少し分かりにくい内容ですが、出来るだけ丁寧に書いておりますので、最後までお付き合いください。

マンションを複数の相続人で相続することになったら、誰が相続するか、あるいはどのように財産を分けるかを決めなければなりません。その相続人がそれぞれ受け取る遺産を記したものが、遺産分割協議書です。

特に千代田区など都心のマンションは資産価値も高く、相続や分割時に揉めてしまうことも少なくありません。遺産分割協議の役割と作り方を把握しておき、スムーズな遺産分割を目指すべきです。

遺産分割とは

遺産分割とは、相続人が複数いる場合に、遺産を分けて相続することです。
亡くなった人との関係性によって、それぞれの相続人は、受け取る遺産の割合が法律で定められています。

とは言え、遺産の形は様々です。分けやすい預金などの遺産ばかりではありません。
マンションのように複数の相続人で分けるのが難しい財産もあります。
法定相続割合の通りに分けられるとは限りません。

そこで、相続人同士が話し合って分け方を決める必要があります。相続人全員が同意すれば、遺産分割の割合は法律の通りでなくても問題ありません。

遺産分割協議書とは

複数人で遺産を相続する場合に、誰が何を相続するのかが決まったら、それを文書の形で残します。
これが遺産分割協議書です。
遺産分割の話し合いの結果と、相続人全員が同意したことを証明する書類ということになります。

遺産分割協議書がなければ、マンションの相続登記はできません。
同じく、亡くなった人の名義の預金を引き出したりすることもできません。

自分が受け取る財産ではないのに、相続人の1人だからと言って、勝手にマンションを売ったり、預金を使ったりするとトラブルになるため、遺産分割協議書という証拠が必要なのです。

遺産分割協議書の作り方

遺産分割協議書は、形式や書式に制限はありません。
誰が何を相続するかを明確に記録することが遺産分割協議書の役割です。

マンションであれば、登記事項証明書の内容を記載します。
預金であれば、銀行名と名義人、複数あるようなら口座番号を記載します。

遺産分割協議書のもう一つの大切な役割が、相続人全員が分割協議に同意したことを示すというものです。
そのために、相続人全員が署名し、実印を押し、印鑑証明書を添付するのが通例となっています。
そして相続人の人数分だけ同じものを作成し、各相続人がそれぞれ保管します。

まとめ

遺産分割協議書は、相続人の話し合いの結果でもあり、後々揉めないための書類でもあります。

また、マンションの名義を変更したり、銀行で預金を引き出したりするための、対外的な証明にもなります。

遺産にマンションが含まれていると、さらに多くの預金があれば別ですが、ほとんどの場合は相続人が法定割合の通りに遺産分割はできません。
どのように遺産を分けるかを話し合い、遺産分割協議書を作るまでが、相続手続きの中で最も大変なことかもしれません。


*******************************************


最後までお読みいただきありがとうございます。

千代田区相続相談センターでは、遺産分割協議書についてのご相談も承っておりますので、お気軽にご連絡ください。