BLOG ブログ

千代田区の戸建てを複数人が相続したら?

千代田区相続相談センターのコラムへお越しいただきありがとうございます。

今日は「千代田区の戸建てを複数人が相続したら?」についてお伝えします。

千代田区の戸建て住宅を複数人の相続人が相続したとしましょう。

しかし、相続人全員で住むわけにはいきません。

では千代田区の戸建てに相続人の1人が住むことになった場合、他の相続人にはどのような財産の分割をするのでしょうか?

この記事では、複数人が不動産を相続した場合の分割方法について解説します。

遺産分割が難しくなるケースって?

遺産分割は、ケースによってはなかなか協議が整わずに難航します。

現金だけならば大きな問題はなく、基本的に法定相続分に沿って分割すればいいので、分割よって難航するというケースは、あまり多くはありません。

難航するのは、不動産や美術品など現金化するさいに時間がかかるものや価値がはっきりわからない物を所有していた場合などです。
また現金と違いかんたんに分割ができず、共有して利用ができないといった理由があてはまります。

では、不動産を相続した場合において、どのような分割方法があるのでしょうか?

この記事では、遺産分割が難しい不動産において遺産分割の方法を解説していきましょう。

遺産分割の方法

不動産など、流動性が高くはなく、分割して分けるといったことが直接的に難しい財産については、主に4種類の分割方法が考えられます。

1.現物分割
2.代償分割
3.換価分割
4.共有物分割

これらの分割方法を具体的に説明します。

現物分割

現物分割は、相続した財産をそのまま分割する方法です。

土地のみの場合は、広さを相続人で分割することが可能です。
例えば200坪の土地があり、妻と子供4人が相続人だった場合には、母親100坪、子供たち25坪ずつ分割できます。

相続財産は、なるべく現物を承継させることが好ましいとされています。
現物分割は、最も原則に沿った分割方法といえるでしょう。

代償分割

1人の相続人が法定相続分を越えた財産を取得し、他の相続人に対し、法定相続分を超えた分の現金(代償)を支払う方法です。

例えば、100坪の土地に妻、子供2人の相続人がいたとしましょう。
妻50坪、子供25坪ずつを相続するのですが、土地を分けることができない場合は、妻が100坪を相続し、子供たちに25坪分の金額を支払います。

ただし、妻に金銭を支払うだけの資力があるかどうかといった点が代償分割のポイントとなるでしょう。

換価分割

土地などの相続財産を分割せずに売却、換金した後に分割する方法です。

相続人全員が同意したのちに売却となりますが、実際にその金額で売買できるかどうかが不透明な部分があり、想定する相続分よりも低い金額になってしまうケースもあるでしょう。

共有分割

相続財産を相続分に従って共有する方法です。

1筆の土地を共有名義とし、それぞれの相続分に従って、所有権を登記します。

共有名義は相続人同士の意思疎通がうまくないケースではトラブルが起りやすい分割方法です。
特に、最初の共有分割した人たちが亡くなり、2代目や3代目に引き継がれた場合人間関係が希薄になりトラブルへと発展する例が見受けられます

まとめ

遺産分割協議において、分けにくい不動産をどの様に分割していくのかのベストな方法は、個人ごとに異なりますので一概には言えません。

例えば、共有分割などは、表面上は、合意がとれていても月日が経つにつれて、人間関係が悪化しトラブルに発展するケースもあります。
分割には、現時点だけではなく将来のことも見据えた分割方法を取りましょう。


*******************************************


最後までお読みいただきありがとうございます。
何かご質問等ございましたら「千代田区相続相談センター」へお気軽にお問い合わせください。