BLOG ブログ

千代田区の不動産を遺言で残す方法は?

千代田区相続相談センターのコラムへお立ち寄りいただきありがとうございます。
千代田区九段下で不動産業を営んでいるおります株式会社MIRABELLです。

本日は不動産を遺言で残す方法についてご説明します。

出来るだけ丁寧に書いておりますので、最後までお付き合いください。

千代田区に持っている不動産、自分がいなくなった後の相続について、法定相続に沿わない形で分割したいと考えている場合にはどのような方法があるのでしょうか?

最も、利用されている方法が遺言です。

被相続人の意向を最も反映させやすい方法として、財産を持っている場合には、遺言を残しておくことをすすめられることが多いでしょう。

この記事では、遺言に関して、意義や遺言でできることや出来ないことなどについて、詳しく解説していきましょう。

遺言の意義とは

遺言は、被相続人が自分の望むべき意志を亡くなった後に残す意思表示の方法であり、故人の財産分割といった法律的な内容を決定することが可能な方法です。

遺言は、被相続人が亡くなったときに効力が生じます。

遺言は、相続人の承諾も必要ありません。

また一定の様式に基づいて書面に残せば有効な方法です。

遺言で何ができるのか

遺言でできることはそれぞれ以下のことができます。

相続について
・分割の指定
・特別受益を持ち戻すことを免除
・相続人の廃除や廃除の取り消し
・配偶者居住権について、存続期間における定め

遺産の処分について
・遺贈
・遺言信託

身分について
・認知
・未成年後見人や未成年後見監督人の指定

遺言執行について
・遺言執行者の指定、権限、報酬について

これらのことが遺言によって定めることが可能です。

遺言ではできないことは

次にいくら遺言で残っていたとはいえ、できないものもあります。

下記の内容は遺言によって定めることができません。
・婚姻
・離婚
・養子縁組

また、債務に関しては、遺言で特定の人に負わせたとしても、債権者に主張することはできません。
債務に関しては、被相続が亡くなった時点において、相続人が法定相続分に従って承継することになります。

遺言によってできること、できないことをしっかりと理解して、遺言書は必ず残しておくことをおすすめします。

まとめ

遺言は、被相続人が亡くなった後に自分の意志によって、財産を分けることができる効果的な方法です。
遺言が残っていないために、特に財産を持っている場合、遺産分割のトラブルが起きやすく、親族間のトラブルになることは、決して少なくはありません。

そもそも、財産を一番把握しているのは、被相続人本人ですので、亡くなった後にトラブルにならないように意志をきちんと書面で残しておくことは、最後の務めだといえます。
自分の残した財産の為に、家族がバラバラになってしまったなどといったことが起こらないように対策を考えなければいけません。

最も有効である遺言書を準備し、書面に残して意思表示しておくことが大切です。


*******************************************


最後までお読みいただきありがとうございます。
いかがだったでしょうか?

千代田区相続相談センターでは、不動産・遺言書についてのご相談も承っておりますので、お気軽にご連絡ください。