BLOG ブログ

遺産分割のやり方

法定相続分(民法第887条、第889条、第900条)

相続に際して、誰が相続人になるか、相続分はいくらかについては民法が以下のとおり定めています。

①第1順位の相続人は子供
②第1順位の相続人がいない場合、第2順位の相続人は父母等の直系尊属
③第1順位、第2順位の相続人がいずれもいない場合、第3順位の相続人は兄弟姉妹
④配偶者は常に相続人
になります。

そして、その相続分は以下の通りとなります

①配偶者と子供が相続人のときはそれぞれ1/2
②配偶者と直系尊属が相続人のときは、配偶者は2/3、直系尊属は1/3
③配偶者と兄弟姉妹が相続人のときは、配偶者は3/4、兄弟姉妹は1/4

遺産分割

ところで、遺産に含まれる具体的な財産を誰が取得するかは、相続人間で協議して決定します。
これを「遺産分割」といいます。
遺産分割は、相続人全員で行う必要があり、相続人の一部を除外してなされた遺産分割は無効です。

遺産分割の方法には、現物分割、換価分割、代償分割の3つがあります。

現物分割とは、実際の財産について、自宅は配偶者、預金は長男、株券と山林は次男といった形で現物を分け合う方法です。

換価分割とは、相続財産を売却して、その代金を相続人間で分割する方法です、相続財産が不動産などで現物分割が困難な場合などに用いられます。

代償分割とは、相続人の内の一人が財産を取得したうえで、他の相続人に対してその相続分相当の代価を補填(ほてん)する方法です。
例えば、配偶者が2,000万円相当の自宅を取得して、長男と次男にそれぞれ500万円を支払う場合です。

遺産分割協議書の作成

相続人間で遺産分割について合意したときは、遺産分割協議書を作成して相続人が署名、実印を押印します。
また、遺産分割協議書には相続人全員の印鑑証明書を添付します。

これによって遺産分割協議が成立したことが証明でき、不動産の所有権移転登記等が可能となります。

遺産分割協議書の書式はインターネットなどでも公開されていますが、失敗したくない場合には、専門家に作成を依頼するといいでしょう。