BLOG ブログ

遺産相続の放棄は期限内に手続きを。もし過ぎてしまっても諦めないで。

相続する財産にはマイナスの遺産も含まれます

遺産相続というと、一般的には故人の財産を遺族が受け継ぐことと考えられます。

ただし、相続されるのは財産ばかりではありません。マイナスの遺産、つまり借金なども相続の対象となるのです。

財産よりも借金の方が多ければ、その遺産は相続しない方が良いことになります。
それを、相続放棄と言います。
遺産を一切受け取らなければ、借金を肩代わりする必要も無くなります。

相続放棄には手続きと期限があります

相続放棄をする場合、他の相続人にその意思を伝えるだけでは成立しません。
家庭裁判所に申し出て正式な手続きを経る必要があります。

また、この相続放棄の手続きは、相続があったことを知ってから3ヶ月以内に行わなければなりません。
この期限を過ぎてしまうと、自動的に相続することとなってしまうのです。

相続放棄の手続き期限をすぎてしまったら

遺産を相続するかどうかは、3ヶ月以内に判断しなければなりません。

ただし、仕方ない理由があれば、期限を過ぎていても相続放棄が認められたり、期限を延長することができる場合があります。

まず、遺産の相続人が、借金のことを知らなかった場合です。
預金や土地などのプラスの財産だけを相続するつもりでいたら、実は借金があったことが後から判明したなら、相続放棄が認められます。

また、借金などのマイナスの遺産があることがわかっていても、プラスの遺産とマイナスの遺産のどちらが大きいのか判断が難しい場合には、調査などのために期限を3ヶ月延長してもらうこともできます。

どちらも家庭裁判所に申し立てる必要がありますので、詳しくは相談してみることが大切です。

通知の確認と金融機関への問い合わせは確実に

故人の債権者、つまり故人にお金を貸していた人などは、できれば回収したいと考えるはずです。
中には多少ずるい手段をとってでも、お金を取り戻そうとする人もいます。故人に借金があることを黙っていたり、期限ギリギリに借金のことを通知したり、ということがあるかもしれません。

債権者からの通知や手紙などは、借金の督促かもしれません。それを見逃していると、借金があったことを知らなかったと言えなくなってしまいます。

あるいは、借金などといったはっきりしたマイナスの遺産ではなく、誰かの連帯保証人になっているなどといった潜在的なリスクがあるかもしれません。
相続が発生したら、故人が使っていた金融機関への問い合わせや、不動産の登記の確認などは迅速にすませましょう。

故人の借金まで相続することはありません。正しく調べ、判断して、必要ならば相続放棄の手続きを行うべきです。