BLOG ブログ

自分の死後、残されたペットに遺産を相続させることはできる?

ペットは遺産を相続することはできません

犬や猫などのペットを飼っている人の多くは、ペットを家族同様、あるいは子供同様に感じているでしょう。
そんな可愛いペットたちが、自分の死後にも安心して生活していけるか、不安を感じている人も少なくありません。
中には、自分の遺産をペットに相続させたいと考える人もいます。それによって自分にもしものことがあっても、ペットが生活や命を脅かされることなく天寿を全うできるようにするためです。

しかし、ペットに自分の遺産を相続させることはできません。遺産を相続できるのは法律で定められた相続人だけだからです。
基本的に配偶者か血族、親族である人に限られます。動物は相続人にはなれないのです。

贈与などの方法も、相手は人に限られますので、ペットに財産を分けることはできません。

ペットが遺産として相続される対象です

ペットは相続人になれないだけではありません。
そもそもペットは飼い主の所有物として扱われます。ペットは飼い主の財産の一部であり、つまり、相続される対象なのです。

財産はいくつかの種類に分けられます。土地や建物といった不動産、預金や有価証券といった金融資産、自動車や時計といった動産などです。ペットは動産に分類されます。

ペットを金銭的価値に換算するのは難しく、換算したとしても飼い主の愛着から考えると微々たる金額にしかなりませんが、法律上は相続される「物」として扱われます。

そのため、ペットを誰に相続してもらうかが、ペットのその後の生活を決めるとも言えます。
相続争いに巻き込まれて邪険な扱いを受けたり、相続した人に十分な世話をされないといった事態にならないように気をつけなければなりません。

実質的にペットに遺産相続させる方法とは

ペットに直接遺産を相続させることはできませんが、擬似的にペットが遺産を持っているような状態を作り出すことは不可能ではありません。

例えば、負担付き遺贈という方法です。

遺贈とは、財産の所有者が亡くなったら、指定する人に財産の一部を贈与することとしておくものです。
その遺贈をする条件に、ペットの世話をすることという負担を付け加えることができます。
これを負担付き遺贈と言います。

贈与を受けた人は、財産を受け取るためにはペットの世話をしなければなりません。これによって、ペットが財産を持っていて、世話をしてくれる人にお礼を渡すような形を作ることができます。

法律的には、あくまでも財産を所有できるのは人に限られます。
しかし工夫すれば、相続の仕方にも幅を持たせることができるのです。