BLOG ブログ

新しくつくられた相続時の権利、配偶者居住権のメリットとは

配偶者居住権とは

配偶者居住権は、民放が改正されて2020年4月1日から始まった新しい権利です。

権利の具体的な内容としては、夫の所有になっている建物に住んでいた夫婦がいたとして、夫が亡くなった後も妻がその自宅に住み続けられる権利を指します。

これまでは自宅の所有権を相続する必要があったのですが、住む権利だけを独立させて扱うことができるようになったものです。

不動産を処分せず遺産分割できる

配偶者居住権を利用するメリットはいくつかありますが、主なものとしては自宅などの不動産を相続時に処分する必要がなくなる点があります。

亡くなった夫の相続人として妻と息子がいた場合、自宅をどちらが相続するかという問題が発生します。

息子が相続して妻(息子にとっての母親)が住むというなら話はスムーズです。しかし、2人の仲が悪い場合などには問題が生まれます。
自宅はお金などと違って分割して相続することができません。結局自宅を売却してお金に替えて分けるしかなくなる場合も少なくありませんでした。

そこで配偶者居住権を活用すれば、所有権は息子が相続し、妻が住み続けることができます。
従来は妻に所有権がなければ住み続ける権利も保障されませんでしたが、配偶者居住権があれば安心して建物を息子に相続させることがでいます。

これから活用される配偶者居住権

配偶者居住権を活用して妻が自宅に住み続けた場合、その妻が亡くなるまで、所有権を相続した息子は自宅の売却などはできません。後々また争いの種となることも考えられます。

新しく設定された権利ですので、活用されるのもこれからです。そのため、様々な事例がこれから生まれると考えられます。

可能であれば相続時に専門家に相談して、配偶者居住権を使うか、従来通りの所有権の相続を行うか、検討すべきでしょう。