BLOG ブログ

相続税がかかるかどうかを判断するための「基礎控除」について確認する

相続についてある程度の財産があると、相続税がかかるのかどうか、という事が気になります。

相続税がかかるかどうかを判断する基準として「基礎控除」というものがあると把握していらっしゃる方は多いと思いますが、いまいちピンとこない方も多いでしょう。

このページでは相続税がかかるかどうかについての「基礎控除」というものについて詳しくお伝えします。

すべての相続財産に税金がかかるわけではない

まず、相続をしたからといって、すべての相続財産に税金がかかるわけではない、という事を確認しましょう。

相続税は貧富の格差を生む事を解消するために、「富の再分配」を行うために課せられるものです。
したがって、相続税の対象となるのは、一定以上の資産がある相続であるという事ができます。

一定以上の財産を持っている人に相続税を課すために設けられているのが基礎控除

税法の規定は非常に難しいので詳述は避けますが、課税の対象となる金額を計算する際には、「控除」というもので引き算をすることになります。

どのような控除がされるかは政策的な判断になるのですが、基礎控除はすべての相続に等しく与えられている控除です。
そのため、この基礎控除額以上の資産がなければ、相続税はかかりません。

相続税の基礎控除額の計算式を確認しましょう

相続税の基礎控除額は3,000万円+(600万円×相続人の数)で計算されます。

つまり相続人が、配偶者と子2人である場合には、3,000万円+(600万円×3人)=4,800万円となります。

もし相続財産が3,000万円と評価できる場合には、「相続財産3,000万円-基礎控除額4,800万円=マイナス1,800万円」となるので、相続税がかからないという事になります。

基礎控除ギリギリのケースの場合には税理士に相談を

相続財産がいくらか?という計算は相続税独自の計算方法です。

相続税の申告をしなかった場合には、無申告加算税や最悪の場合には刑罰の規定も。

相続税がかかるかも?と思ったときには、不動産の売却を相談している不動産会社などを通じて税理士に相談するようにしましょう。