BLOG ブログ

相続を争族にしないために~正しい遺言書の残し方

相続は、争族と言われるほど、生前に準備をしておかなければ遺族間において争いの種となってしまいます。

また、財産の大小にかかわらず争族はおこっており、逆に財産が少ない方が準備を怠っているケースが多く、争いとなっているのです。

相続をスムーズに行うための基本的な準備で、一番有効的なものが遺言書です。

しかし、遺言書にはあらかじめ定められた形式があります。

これをしっかり守らなければ、法的な効力はありません。

ここでは、遺言書の形式に沿ったメリットやデメリットについて解説していきましょう。

一番手軽な自筆証書遺言

2020年の民法改正によって今後、利用者が増えてくるのではないかといわれているのが自筆証書遺言です。

費用がかからずに形式や内容に不備がなければ法的な効力を持っています。
しかも、書き換えも比較的自由にできるので、一番手軽で使いやすい遺言書です。

手軽さの反面、日付が特定できなかったり、パソコンで作成してしまったりといった、内容に不備があることが多く、無効になるケースも少なくありません。

しかし、2020年の民法改正によって財産目録はパソコンで作成しても良くなり、法務局の保管庫に遺言書を預けられるようになったなど自筆証書遺言のデメリットが解消されています。

今後利用者が増えていくのではないでしょうか。

一番厳密な公正証書遺言

遺言書というと公証役場などで厳密にしないといけないというイメージがある人は多いでしょう。
これが公正証書遺言と呼ばれるものです。

本人の口述を公証人が書き取って作成します。
自筆証書遺言にあるような記入ミスはほとんどありません。
証人も2名必要なので、しっかりとしているのが遺言書です。

偽造されたり紛失したりといったリスクもありませんが、費用がかかることと前述した証人が2名必要なことがデメリットとして挙げられます。

あまり利用件数が多くない秘密証書遺言

あまり利用件数は多くありませんが秘密証書遺言という方法で遺言書を作成することも可能です。

これは、内容は誰にも教えずに、遺言書の存在があることを公証人役場に証明してもらうという方法です。

パソコンで作成しても良いのですが、公証人役場に届け出するときは承認が2名必要ですので注意しておきましょう。

まとめ

遺言書の書き方にも3種類の方法があるので、どの方法が自分にとってメリットがあるのかをしっかりと確認して選択しましょう。

一番簡単に作成できるのは自筆証書遺言。
厳密で費用がかかるがもっとも間違いが起きにくいのが公正証書遺言、
遺言書があることや遺言の中身をあまり知られたくないときは秘密証書遺言、
と目的によって分かれています。

それぞれメリット、デメリットがあるので、十分理解して相続に備えましょう。