BLOG ブログ

相続対策って何があるの?知っておくべき相続対策

相続をスムーズに、万全におこなうためにはどのような対策が必要なのでしょうか。

相続によって人間関係が壊れた、故人の想いをかなえられなかった。

など、のちのち後悔の残る結果となることも少なくありません。

ここからは、相続において必要な対策3点を詳しく解説しましょう。

相続対策その1.遺産分割対策

相続に端を発するトラブルは財産が多い方が起こっているように思われがちです。
しかし、実際は、金額の大小にかかわらず相続が争族になっています。

財産が多い方は、自覚して事前に準備していることが多く、これくらいの財産で争いは起きないだろうと何も準備をしていない方が、争族のもとになりやすいのです。

そのために、遺言書を残しておく、財産目録を前もって準備しておく等、残された遺族がスムーズに相続手続きができるようにしておきましょう。

相続対策その2. 納税対策

相続の際、財産を残す人が考えておかなければいけないことが、相続税の支払い準備です。

相続税は累進課税なので、財産が多ければ多いほど、税率が高くなってしまいます。
物納も可能なのですが、現金一括払いが原則です。

もしも、相続財産の大半が不動産だと、現金が準備できていない場合があります。

残す財産に対して、どの程度相続税がかかるのかをしっかりと把握して、できることならば、相続税を支払うことができる現金を確保しておきましょう。

相続対策その3 節税

相続対策とは節税対策だともいわれています。

また、生命保険による相続税対策と言う方法もあります。

現金が多い場合は不動産を購入して財産自体の評価を下げるといった対策も多くの人が利用しています。
財産を減らしておくことが、節税対策では効果があるのですが、本当に財産を目減りさせてしまっては意味がありません。

前もって、不動産会社や、その顧問の税理士 などに相談しながら過剰になりすぎない節税対策を心がけましょう。

まとめ

相続を成功させるためにも先程述べた3つの対策は生前にしっかりと備えておきましょう。

相続対策を怠ると後々大きな問題になることも珍しくありません。
生前からしっかりと相続人と話し合っておきましょう。